Cloud Translation を使用すると、任意の文字列をサポートされている言語に翻訳することができます。言語の検出は、ソース言語が不明な場合でも使用できます。

学習すること

必要になるもの

調査

チュートリアルの使用目的を教えてください

通読のみ 通読して、演習を行う

Google Cloud Platform の使用経験を教えてください

初心者 中級者 上級者

自分のペースで進める環境のセットアップ

まだ Google Account(Gmail または Google Apps)をお持ちでない場合は、アカウントを作成する必要があります。Google Cloud Platform Console(console.cloud.google.com)にサインインして、新規プロジェクトを作成します。

プロジェクト ID を覚えておいてください。この ID は、すべての Google Cloud プロジェクトに使用する一意の名前です(上記の名前は既に使用されているので、実際には使用できません)。

Google Cloud Platform の新規ユーザーには$300 相当の無料トライアルが付与されます。

カンファレンス用コードラボのセットアップ

インストラクターとは、既存プロジェクトがあらかじめセットアップされている一時アカウントを共有することになります。したがって、課金を有効にしたり、このコードラボを進めたりすることで生じる費用を心配する必要はありません。ただし、コードラボの終了後すぐに、これらの一時アカウントはすべて無効になります。

ログインに必要な一時的なユーザー名/パスワードをインストラクターから受け取ったら、Google Cloud Console(https://console.cloud.google.com/)にログインします。

ログインすると、以下のような画面が表示されます。

画面の左上にあるメニューアイコンをクリックします。

ドロップダウンで [API Manager] を選択します。

[API を有効にする] をクリックします。

次に、検索ボックスで「translate」を検索します。[Google Cloud Translation API] をクリックします。

API がすでに有効になっている場合は、[無効にする] ボタンが表示されます。API は無効にしないでください。

API が無効になっている場合は、[有効にする] をクリックして、Cloud Translation API を有効にします。

有効になるまで数秒待ちます。有効になると、以下のように表示されます。

Google Cloud Shell は Cloud で実行されるコマンドライン環境です。Debian ベースのこの仮想マシンは、必要になるあらゆる開発ツール(gcloud、bq、git など)を使って読み込み、永続的な 5 GB ホーム ディレクトリを提供します。このコードラボでは Cloud Shell を使用して、Translation API へのリクエストを作成します。

ヘッダー バーの右にある [Google Cloud Shell を有効にする] アイコン()をクリックして、Cloud Shell を起動します。

コンソール下部の新しいフレーム内で Cloud Shell セッションが開き、コマンドライン プロンプトが表示されます。user@project:~$ のプロンプトが表示されるまで待ちます。

Translation API には curl を使用してリクエストを送信することになります。そこで、リクエスト URL 内で渡すための API キーを生成する必要がでてきます。API キーを作成するために、プロジェクト ダッシュボードの [API Manager] セクションに移動します。

次に、[認証情報] タブを選択して、[認証情報を作成] をクリックします。

ドロップダウン メニューで [API キー] を選択します。

次に、生成されたキーをコピーします。

ご自分のAPI キーをクリップボードにコピーしたら、以下のコード行を使用して Cloud Shell の環境変数に保存します。以下の YOUR_API_KEY を、クリップボードのキーに置き換えてください。

export API_KEY=YOUR_API_KEY

この例では、「My name is Steve」という文字列をスペイン語に翻訳します。以下の curl コマンドを使用して、前の手順で保存しておいた API キー環境変数と一緒に、翻訳するテキストを Translation API に渡します。

TEXT="My%20name%20is%20Steve"
curl "https://translation.googleapis.com/language/translate/v2?target=es&key=${API_KEY}&q=${TEXT}"

以下のようなレスポンスが返されます。

{
  "data": {
    "translations": [
      {
        "translatedText": "Mi nombre es Steve",
        "detectedSourceLanguage": "en"
      }
    ]
  }
}

レスポンスの中で、翻訳されたテキストと、API が検出したソース言語を確認できます。​

テキストの翻訳以外に、Translation API を使ってテキストの言語を検出することもできます。この例では、2 つの文字列の言語を検出します。以下の curl コマンドを使用して、前の手順で保存しておいた API キー環境変数と一緒に、検証するテキストを Translation API に渡します。

TEXT_ONE="Meu%20nome%20é%20Steven"
TEXT_TWO="日本のグーグルのオフィスは、東京の六本木ヒルズにあります"
curl "https://translation.googleapis.com/language/translate/v2/detect?key=${API_KEY}&q=${TEXT_ONE}&q=${TEXT_TWO}"

以下のようなレスポンスが返されます。

{
  "data": {
    "detections": [
      [
        {
          "confidence": 0.20671661198139191,
          "isReliable": false,
          "language": "pt"
        }
      ],
      [
        {
          "confidence": 0.97750955820083618,
          "isReliable": false,
          "language": "ja"
        }
      ]
    ]
  }
}

このサンプルで返された言語は「pt」と「ja」です。これらはポルトガル語と日本語を指すISO-639-1 の識別子です。返される可能性のある言語コードについては、こちらのTranslation API がサポートしている言語一覧にまとめられています。

このコードラボでは、Cloud Translation API を使用してテキストを翻訳する方法について学びました。

学習したこと

次のステップ